兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説

糖尿病の症状が全部わかるサイト
兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説
HOME » 種類別・糖尿病の症状と原因 » 二型糖尿病の症状と原因

二型糖尿病の症状と原因

どんな理由で二型(2型)糖尿病は発症するのか?自覚症状とあわせて解説しています。

生活習慣に注意!二型糖尿病の原因と症状

糖尿病は、いくつかのタイプに分けることができます。その中でも、もっとも一般的なのが二型糖尿病です。

生活習慣病としての糖尿病

もうひとつの代表的なタイプである、一型糖尿病。これは、自己免疫の異常によって起こると推測されています。一方、二型糖尿病は生活習慣に原因があると言われています。同じ症状ではありますが、これらは違うものだと考えられます。

2型糖尿病の原因

2型糖尿病は、1型と同様に遺伝的な要因が関わると言われています。しかし、もっと重大なのは生活習慣の乱れ。運動不足や、高カロリー・高脂質の食事などは、インスリンの生成を減少させたり、はたらきを弱めたりします。

糖毒性に注意

二型糖尿病の怖いところは、糖毒性を起こしやすい点です。

いったん高血糖になると、ブドウ糖が膵臓の細胞を攻撃し、インスリンの生成量が少なくなったり、インスリンの効果が弱まってしまいます。

そうなると、糖は体内では適切にはたらきません。血液にどんどん使われずにたまっていき、高血糖がひどくなります。このような悪循環を、糖毒性と呼びます。

血糖値のコントロールが大切

1型と違うのは、薬で血糖値をコントロールすれば、症状を抑えられるところ。インスリンが作用しない分を薬で補えれば、症状を進みにくくすることができます。合併症の予防にもなります。

早期に症状を見つけて、血糖値をコントロールすることが大切です。