兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説

糖尿病の症状が全部わかるサイト
兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説

性欲が落ちた

男性の悩みといえば、ED。原因は加齢ではなく、糖尿病かも?糖尿病の症状によるEDの可能性について解説しています。

男性の悩み・ED(勃起不全)の原因は糖尿病の可能性アリ!

男性は、加齢に伴って勃起不全、いわゆるEDに悩まされることが多くなります。EDの症状そのものも辛いものですが、男性としての自信を失う点で精神的なダメージも大きいと思います。

このED、実は加齢ではなく、糖尿病が原因となっている可能性があります。EDは糖尿病の初期症状として現れるもので、糖尿病患者のほとんどがEDになるとも言われています。

糖尿病とED

糖尿病がEDをもたらすのは、この病気が血管や神経を傷つけるためです。

そもそも、勃起とはどのように起こるのでしょうか?

  1. 性的刺激を受けると、脳はペニスの海綿体に血液を送り込むよう命令を出します。
  2. 海綿体は膨れ上がり、ペニスの静脈から血液が流れだすのを圧迫して防ぎます。
  3. 血液の圧力によってペニスは固く大きくなります。これが勃起です。

神経が傷つくと、まず脳からの命令が届きにくくなります。しかも、血液を送り込むための血管のはたらきも弱まっていますから、十分に勃起させることができくなるのです。

EDを疑うならまずは糖尿病の検査を!

もちろん、糖尿病でなくてもEDの症状は現れます。とはいえ、症状が現れていれば、糖尿病の可能性を排除することはできません。EDをきっかけに初期段階で糖尿病の発症を知ることができれば、重篤な状態になるのを防ぐことができます。

いずれにしろ、EDはQOL(生活の質)にも関わる問題。ぜひ、医師の診察を受けることをお勧めします。