兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説

糖尿病の症状が全部わかるサイト
兆候を知って早期対策!糖尿病の症状&予防成分を徹底解説
HOME » 糖尿病の危険な兆候・自覚症状ガイド » おしっこの回数が増えた

おしっこの回数が増えた

トイレの回数が増える頻尿の原因は、実は糖尿病である可能性も!糖尿病の症状と頻尿の関係をわかりやすくまとめました。

尿の変化は糖尿病のサイン!頻尿と糖尿病の関係とは

「頻尿が最近気になる…」そんな方に知っていただきたい事実があります。頻尿の原因は、糖尿病の可能性があるんです。こんな症状が表れたら要注意です。

  • トイレに行く回数が増えた
  • おしっこのニオイがきつくなった
  • おしっこの色が黄色くなった

なぜこれらの症状が糖尿病のサインなのでしょうか?

頻尿と糖尿病

糖尿病とは、本来エネルギーとして体のあちこちで消費されるはずの糖分が、体に行き届かずに血液中を流れ続ける病気。

血液中の糖分が多くなると、人間の体はそれを排出しようとします。症状のない人よりも常に血中の糖分が多いわけですから、それを排出するためにトイレに行きたくなるのです。

水を飲んだわけでもないし、のどが渇いていてもトイレに行きたくなるのはこういう理由なのです。

水分をたくさん排出したときに、水分補給をするのは大切。ただし、糖分の入った飲み物は厳禁です!飲むなら必ず水かお茶を選びましょう。

糖分の入った清涼飲料水を飲んでは、症状がひどくなるだけなので、注意してください。

ニオイと色と糖尿病

ニオイがきつくなったり、尿の色が黄色くなるのも、やはり血中の糖度が排出されるのが原因のようです。血糖値が正常に戻ると、尿の状態ももとに戻るのだとか。

ほかにも、泡がたくさん立つようになるという症状もあるようです。尿は糖尿病のわかりやすいサインですから、「おかしいな?」と思ったら、まずは診察を受けるようにしましょう。

毎日できる糖尿病の予防・改善法